漫画描きウマナリが描いたり書いたり作ったり。

テキストにフラッシュを敷く

今日は漫画テクニックぽいお話で。
テクニックというほどテクニックを駆使しているワケじゃないんですが(笑)。

フキダシで、フラッシュを使う時に、時々工夫をするので、そのお話を。


こういうネームの下にフラッシュを敷くみたいにするとき、背景の白っぽいところと黒っぽいところにまたがる時に、こういう感じにすることがあります。
これはネーム作業の時に、こういう風にしようぜって提案が(自分に提案w)あって、それをメモっている状態です。だから、実際ペン入れをして仕上げていく時にもう少しきれいにしたり、変更したりすると思います。
とりあえずのメモ。わりと、フキダシで囲わないセリフに対しては、その時考えた案でフラッシュなどを入れておくことが多いです。試行錯誤型?の私にとって、デジタルは本当に便利でやんす。


前述話が長くなってしまいましたが、セリフを囲っているフラッシの仕組み(?)。
アナログの時は、白いフラッシュというと、ベタフラッシュで囲って真ん中を白く残すという塩梅でやっていましたが、デジタルでは、そういう風にもできるけれども、たいてい、白のフラッシュをセリフの文字の下に敷く感じです。
一番上にテキストがあり、その下にフラッシュのレイヤを敷くという感じです。
背景の白いところと黒っぽいところで、違うフラッシュを敷くため、マスクを使っています。


テキストのみの時。


一番目のフラッシュを入れる。マスクは、全部ぬりつぶされているので、フラッシュも全部見える状態です。


白のフラッシュを入れる。マスクも全部塗りつぶし。
この後、制服で50%のトーンを貼ってあるところだけ白、背景の真っ白なところに最初に入れたフラッシュ、と分けます。


マスク。このフラッシュは制服のトーン部分では見えないようにしたいので、レイヤマスクのその部分を透明色にして、見えなくします。まず、図形機能でフラッシュを作ると、フラッシュレイヤが作成されます。レイヤマスクはないので、このレイヤに対して、レイヤマスクを作ります。全部塗りつぶされたレイヤマスクができます。で、制服のトーンですが、トーンも、トーンレイヤにレイヤマスクを使って、制服の部分を表示させているので(クリスタでのトーン作業は全部そういう仕組みをしています(人によるかもだけど))、このトーンレイヤ横のレイヤマスクアイコン上でCtrl+クリックすると、マスクされている部分が自動的に範囲選択されます。範囲選択は、制服トーンの見える範囲を選択していて、今回のフラッシュは、制服部分を見えなくしたいので、範囲選択したまま、作業中のフラッシュレイヤのレイヤマスクを選択して(この時、このレイヤマスクは全面塗られている)、delキーや、透明色を選択している状態でバケツ塗りつぶしボタンを押すなどして、選択された範囲を透明色にします。
そうすると、上の画像のような状態になります。


白いフラッシュもマスク。
この場合は、制服の部分だけ見えるようにしたいので、さっきと同じく制服の部分を範囲選択したら、選択された範囲外を消去という機能で、範囲外を透明色にします。


で、こうなる。
フラッシュをテキストギリギリに使う時、テキストのレイヤに境界効果の「フチ」をつかって、テキストにフラッシュのギザギザがかかっても読みにくくならないようにしています。


フラッシュ別バージョン。これもいいですね。


白背景のところを黒にしてみる。
ちょっと、シリアスすぎる感じかも……。

と、まぁ、デジタルならではのアレコレお試し。
最終的に、原稿を仕上げてどうなっているかは、upされてからのお楽しみです☆

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画制作へ

ランキングサイト参加中(`・ω・´)