漫画描きウマナリが描いたり書いたり作ったり。

いつか主人公


今日も画像は、下絵に色をぬったというラクガキです。

このキャラクターは、このお話ではほとんどセリフのない脇役の幼稚園児なのですが、それでも作者側では背景を色々考えたり、漫画の中に描いていない部分でも動かしたりするので、大活躍してます(笑)。
子どものキャラクターはかわいいですね☆
今回は背景の一部に写り込んでいるようなところが多いけれど、それでも描くのが楽しいです。

ちなみに、この画像では、彼はねんどでうどんをこしらえています。本人としては修行です。

この子はうどんを作る修行をして、うどん屋に就職するって心に決めているのですが、私の甥っ子も、一時期うどん屋になると言っていました(今は違うようです)。
それを意識していた事はないんだけれども、なんとなく頭の隅にあったのでしょうか。
今回の話を作る時に、何度も作ったお話を没にして、新しくお話を考えるっていう事をしていたのですが、没にした話のキャラクターが新しい話のどこかに出ていたりということがあります。この幼稚園児みさと君は、没になったお話のひとつで、桃色のお蕎麦に執着しており、そのお話では蕎麦屋になると言っていたのです。
今描いている、最終的に決定したお話の中で、いつ蕎麦がうどんになったのか、記憶がないのですが、もしかすると甥っ子がうどんうどん言っていたので、うどんにしちゃえって思ったのかもしれないですね(笑)。

そんなところでうどんを作る(うどんというメニューではなく、麺)事に情熱を燃やしているみさと君ですが、『おいでよ!ホームラン軒』は連作短編のような形をとろうと思っていて、毎回主人公が変わるので、また、小菅におせっかいを焼かれる誰かのそばをうろちょろしてほしいなって思います。

ホームラン軒では、漫画には描かれていないけれど、小菅波くんの兄弟子「兄さん」や兄さんの勤め先の探偵事務所の同僚クリス君など、リニューアル前のキャラも存在しています。
順繰りに主人公バトンが渡っていく各話の中で、彼らを主人公なり脇役なりで描くチャンスをうかがっています。今、№003のネタも練りながら№002のネーム作業をしていますが、№003では、出番はなさそうです。
いつか、いつか。
そうそう、みさと君が主人公になる日もくるといいな。
いつか、いつか。

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画制作へ

ランキングサイト参加中(`・ω・´)